混合水栓で水漏れが起こる原因

近年、水回りの環境がますます便利になってきました。蛇口をひねるだけで水とお湯を調節できる混合水栓によって、さらに毎日の生活が豊かに感じられるようになりました。しかし、便利だからこそ突然やってくる水のトラブルには慌ててしまうものです。

■混合水栓の特徴

蛇口をひねると水とお湯の両方がひとつの蛇口から出てくるタイプです。一般的にシングルレバータイプと、サーモスタットタイプ、2ハンドルタイプがあります。
蛇口にいろいろな機能が付いたタイプもあり、シャワーヘッドがついて掃除やシャンプーの際に使いやすいものもあれば、浄水機能が備わっていていつでもキレイな水を使うことができるタイプもあります。
蛇口のデザインも多くのタイプが用意されているので、好みで選ぶこともできますし、使い勝手の良さを重視して選ぶこともできます。

■混合水栓で起こりうるトラブルとは

水回りでは水漏れのトラブルが多いですが、混合水栓でも同じことが言えます。例えば、シングルレバーの場合はハンドルの下やスパウトから水が漏れる頻度が高いことが分かっています。ハンドルの下から漏れている場合は、バルブに原因がある可能性が高いでしょう。スパウトの水漏れはつなぎ目のナットが緩んでいること、内部のゴムパッキンが古くなり壊れていること、スパウトそのものの故障などが疑われます。
内部に原因があるときは蛇口を分解して内部をキレイにしたり、ゴムパッキンを交換することで水漏れが解消されますが、スパウト自体に問題があると、スパウトそのものを交換する必要がでてきます。

■まとめ
これらのトラブルの解消法は、部品や本体の交換が必要になるため、専門家に修理を依頼する必要がでてきます。蛇口を閉めているのにいつまでも水が漏れているのであれば、水漏れの状態が酷くなる前に専門家へ相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ