つなぎ目から水漏れがおきたときどうすればいいか

水のトラブルといえば水漏れが一般的で、水回りのどこから漏れているのか気になるところです。例えば、つなぎ目になる部分にはいろいろな部品が使われていることが多く、水漏れしやすい箇所でもあります。

■配管には二種類ある

配管には、給水管と排水管があります。給水管は常に新しい水を供給する配管で、家の中の水回りすべてに繋がっています。蛇口をひねれば水が出るわけですが、この仕組みによって配管の中に高い圧がかかっている状態です。地震などの災害が起きるとこれがきっかけとなって給水管が破裂したり、つなぎ目が外れてしまうなどのトラブルが発生します。
排水管は生活用水を流すためのもので、給水管と違って常に圧がかかっているわけではありません。ところが、劣化によってトラブルが発生することがあります。キレイな水ではなく生活用水が流れていくところですから、給水管に比べると劣化が早いことも考えられます。水漏れが起きても発見が遅れるケースが多いため、早期発見、早期解決が必要とされます。

■もしも水漏れが発生したら

とりあえず目の前で分かるような水漏れトラブルが起きてる場合、水が漏れているつなぎ目をビニールテープやラップなどで巻いて応急処置をすることで、被害の拡大を防ぐことができます。ただしこれはあくまでも応急処置です。
水が漏れているということは状況を改善しなければなりません。これは専門業者の出番となりますから、できるだけ早く連絡を入れて状況を説明し、対応してもらいましょう。


■まとめ
水漏れのトラブルは、いつどこで起こるか予測は難しいです。そのため、給水管や排水管から水が漏れたときは慌ててしまいます。万が一に備えて応急処置ができるビニールテープを用意しておいたり、頼りになる専門業者の連絡先などはチェックしておくといいでしょう。被害を最小限に食い止めるためには、スピーディな対応が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ